生霊

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

数ヶ月前の私の話です。

去年の暮れに私は付き合っていた彼氏と別れました。それはちょっとした口ゲンカからでした。もともとその彼氏は私のワガママな性格に嫌気がさしていたということと、自分が飲食店の店長をしておりそのことで頭がいっぱいになっていたことから『別れ』を切り出してきたのです。
でも、私は彼と別れるのがとてもイヤでした。けれど、彼は別れるの一点張り。やむなくそれを飲み込んだものの、なぜか体の関係は続いたまま新年を迎え私は腑に落ちないままでした。
『体の関係が続いてるならもう一度やり直したい』
そう持ちかけてみましたが答えは『No』
そうこうしていくうちに私は仕事に行く気がしなくなり、家からも出なくなり自律神経失調症に。病院には通っていたものの薬は全く効いてくれない。
次第に病気はエスカレートし、ついにリストカットが始まりました。切っても切っても気が済まない思いがたちこめるばかり。それだけでは飽き足らず処方されていた薬の暴飲。眠剤の大量摂取。気づけば病院のベッドの上なんてこともありました。病気はそれほど重症ではないはずなのに。

私はあまりにもおかしすぎる!!と思い、
母に『私、病気かもしんないけどなんかおかしくない?明日、他の病院に行こうと思うんだ。もっと大きな病院に』と相談を持ちかけたところ、母が口にした言葉は
 『あんたの勝手だけど、そんな病院を変えたところでどうにもならないよ』という言葉でした。
ワケが分からず呆気にとられていると
 『だって気づかないの!?あんたには生霊が憑いてんのよ!!』
……えっ???まさかと思いながらも『誰が憑いてんの?』と尋ねたところ、なんとその彼氏と女の人でした。

母の言葉に半信半疑だった私は翌日、病院ではなく拝み屋さんの元へ。

すると、なんと私の自傷行為は元彼と同僚の女の人が憑いていたことで行われていたのです。
以前、まだ元彼と付き合っている頃にその同僚の女の人は私の彼氏の事が好きで告白していたという話を聞いていました。(元彼と私、同僚は同じ職場です。)
それが、同僚をフって私と付き合ったことで同僚は私を憎んでいて、その思いが強すぎたため私に生霊となってとりつき私の存在を消そうとしていたそうです。元彼も私と別れておきながら気持ちが強かったため生霊が…。

お払いで取り除く事も出来たのですが、それを知った私は自力で追い払ってやる!!という気持ちになり、今ではもう病気も治り、職場復帰も果たして元気に仕事をしていますが同僚とはシフトを一緒にして欲しくないと店長(元彼)に直談判し今は全く会うことはありません。店長とも当たり障りの無い関係を続けていますが、手首の傷が今でもその頃の私を映し出しているかのように赤く傷になっています。

本当は拝み屋さんにこのことは話しちゃいけないって言われたんですが身をもって経験した苦い思い出だったので話させていただきました。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ