霊感

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

私は小さい頃から霊感があります。私の霊感は家族代々から受け継がれているものみたいです。

最近自分におきた体験を話したいと思います。

私には霊感の強い彼氏がいて、私は霊を見たり、感じたりすることができます。
私の彼氏は私より霊感が強いんですけど、でも霊感は、私と付き合ってから目覚めたようなので、まだ自分の霊感をコントロールすることができません。
なので霊を見ることはできないんですけど、呼んでしまったりすることがあります…。

ある夜中に私と友達と彼氏と彼氏の友達のF君と星がきれいに見えると言う山に行くことにしました。
車で山を登っている途中…あるところに止まりました。
その時私の彼氏が「ここって…」
っていうから、彼氏の見る方をみたら、トンネルがありました。そのトンネルは小さくて街灯が1つもなく真っ暗で、車がギリギリは入れるくらいの大きさでした。
するとF君が「入ってみるか~」
彼氏が「いやっ、これはヤバいだろう…」
私と友達が「やめとこう…なんか恐いねぇ」
っと言ったとたん私の体に異変がおこりました、それは急に喉をしめられたように苦しくて声がでなくなっちゃったんです。
私「ねぇ…首が…苦しいよぉ…」
って言うと彼氏が「変な冗談いうなよ。」
って言うから声が出ないって口を動かすと彼氏の顔色が変わって、「F君ここから早くはなれよう!」
と言って私たちはそこから離れることにしました。
途中で咳き込んでいる私に彼氏は「大丈夫??」っていうだけで、なんで背中ぐらいさすってくれないのだろうって思ってました。
そして、そのトンネルから少し離れたところに着くともう苦しいのはなくなってて、さっきのはなんだったのだろう?って話してるとFくんが
「実はあそこ…昔どしゃ崩れがあって親子が亡くなったところで、親の遺体は見つかったそうなんだけど…子供の遺体が未だにみつかってないらしいんだ。」
と言った次に彼氏が「さっきお前に触れられなかったのは…お前の横に女の人がいたから、触れられなかったんだ」
といっていました。

それを聞いた私は恐いっていう気持ちより悲しい気持ちになり涙がとまりませんでした。

だからもうあの山は登らないようにしてます。みなさんも山のなかでトンネルを見つけたら近づかないように…。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ