クラブ

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

十年以上前のことですが、都内で複数のSMクラブを経営する男性が殺害されたうえに、茨城県の鹿島沖にコンクリート詰めになった遺体を遺棄されるという事件がありました。
当時はかなり話題になったので、ご存知の方もいるかもしれませんね。

十年ほど前のことです。
友人が都内で風俗店を開きたいということで、店舗を探していました。
五反田あたりで探していたのですが、当時は大家には秘密裏に営業している風俗店が数多くありました。

そのために、それを警戒する不動産屋も多く、なかなかよい物件を斡旋してもらうことができませんでした。
友人ももちろん秘密裏に営業するつもりでしたが……。

そこで、SMクラブの経営者が殺されたビルならば、審査が緩いのではないかと思い、まずはその物件を見に行きました。
不動産屋などは通さず、ちょっとようすを見てみようと考えたのです。

そのビルは、五反田の駅のホームからも見えるビルでした。
ビルの入り口には、風俗店の捨て看板なども多数見られました。
いかにも……というような雑居ビルです。

殺人事件があったのは、○階だと聞いていました。
○階の廊下を遺体を引きずり、別に契約していた部屋に運んだというのです。

ビルの前まで行ったものの、なぜか私は中に入る気になれませんでした。
「私はここにいるから」と言うと、友人たちは二人でエレベーターに乗り込んでいきました。

ビルを探索したあとは友人と別れて、私は当時アルバイトをしていたSMバーへと向かいました。
異変が起きたのは、その直後でした。
激しい吐き気と悪寒がして止まらないのです。
こんなことは初めてのことでした。

バーに行っても、具合はよくなりません。
しかし、人手が余分にないために、仕事は続けました。
店内でSMショーが始まると、不思議なことに急に容態が回復しました。

ところがです。
そのときにショーをしていた女性が、具合が悪くなっていたらしいのです。
まるでなにかが私から、他の女性に乗り移ったかのように。
これはショーが終わってから聞いたことですが……。

営業が終了した後、スタッフに事情を話し、皆でお清めの塩をかけて帰りました。
「なんてモンを連れてくるのよ」と、同僚に少し怒られてしまいました。

後日確認すると、ビルを見に行った友人も同様に体調を崩したそうです。
激しい悪寒と吐き気。
症状は私とまったく同じでした。

唯一、無事だったのは、風俗店を経営したいと言っていた張本人だけでした。

当時、そのピルの入り口のポストを見ると、事件のあった○階だけが空室が目立ちました。
その他の階のポストには、なんらかの表示がありました。
やはり、なにかがあったのでしょうか。
五反田方面に行くことはありますが、アノ界隈だけは避けたいと思っています。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ