外国人墓地

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

数年前に高校の友達から聞いた話です。
そいつも、その話を中学時代の友達から聞いたそうです。
その中学の友達が体験したのかな?

仲のいい仲間同士で、ある外国人墓地に肝試しに行ったそうです。
その墓地の敷地内には、もう使われていない建物があり、その中で女の声がするという噂があったそうです。
まぁありがちな噂です。

みんなで建物の中に入っていきました。

何階建てかは忘れましたが、上の階に進んだところで・・・聞こえました。女の声がしました。
廃墟なのにありえねぇ。
当然みんなビビりまくって一目散に墓地の入り口まで逃げてきました。

しばらくして、仲間の1人がいないことに気がつきました。
途中ではぐれたのか。
いくら待っても一向に来る様子はありません。

1人残して帰るのはさすがにひどいのでみんなで探しに行くことにしました。(ビビりの俺にはまた墓地に入っていけるのがすごい・・・)

でも、いないんです。どこを探しても。

墓地も建物の中もくまなく探しました。
もはや怖いとか言ってられなかったそうです。
墓地から出て1人で帰ったりするようなヤツじゃないからなおさらでした。
結局、空が白み始めるまで探しましたが、とうとう見つかりませんでした。

捜索願も出しました。連日捜索しましたが、やはり見つかりませんでした。

そして一ヵ月後・・・見つかりました。あの墓地で。
残念ながらすでに亡くなっていました。

ただ、ひとつおかしな点が。

司法解剖の結果、死後三日だったそうです。

誘拐でしょうか?
しかし話によるとそのとき墓地には間違いなく自分達のグループ以外いなかったそうです。

新聞にも小さくしか掲載されず、ニュースにもなったのかどうか。
それに載ったとしても地方新聞や地方局のみだったろう。
という友達の話でした。

こんな話を深夜、住宅もない田んぼのど真ん中にある古い橋の上で、たった一つの小さな街灯に照らされながら聞かされたもんだから怖かったのなんのって・・・!

分からないことも多いんですが、何年も前に聞いた話なんで覚えていることだけ、なるべくそのまま書きました。
心霊なのか事件なのかも分かりません。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ