パタ・・パタ・・パタ

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

もうかれこれ14年も前の話になるのですが今だに鮮明に記憶にあるのでお話させていただきます。
横浜市の港北区に中川駅と言う当時ではまだ新しい地下鉄駅があるのですがそこから徒歩で約10分の親戚の兄のショップで私はバイトをしていました。

ショップのイベントでバスフィッシングの大会をやるとの事で準備の為に私は当日の朝2時に兄とショップの前で待ち合わせをしてました。
車で1人兄を待っていました。夏のために暑いのでその時は窓を開けてシートを倒して横になり兄を待っていました。

「パタ・・パタ・・パタ」とビーチサンダル?を履いたような足跡が近付いて来たので兄が来たんだと思いシートを上げました。

その瞬間。フロントガラスに女性がボンネットに四つん這いになる様な姿で覗きこんでいたんです。。。首を傾けた感じで口を大きく開け両手でガラスを引っ掻くような素振りでです。

もう怖くて怖くて運転席の下に身を隠すように入り目を閉じて泣いてました。

しばらくして兄が来てほっとしてまた泣きました。。。あれは何だったんだろぅ

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ