押入れ

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

親父は昔から霊的なものに縁が多いらしく、人魂が自分の部屋を横切って行った話とか聞けばポンポン出てきます

その親父から聞いた話なんですが。

親父がまだ学生の頃、友人がある心霊写真を手に入れて以来不幸な出来事が続くので別の友人にそれを譲ったところ、その友人にも悪いことが立て続けに起こったそうです。
それがある時親父の元に廻って来たのですが、その写真の余りの気持ち悪さに押入れの奥深くに放り込んでそのまま忘れる事にしたんだそうですが、そのあと忽然とその写真は無くなっていたそうです。
…ちなみに、その押入れのある部屋は一時期僕の子ども部屋でした。その話を始めて聞いた時は、押入れを開けるのが怖くてたまりませんでした。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ