ラジオ

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

真夜中、出張先から車で帰路を走っていたサラリーマン(以降、サ)が眠たさを紛らす為にラジオを付けた。

派手な音楽と一緒にラジオから(以降、ラ)タイトルコールが、

ラ「真夜中のラジオクイーズ!」

クイズ番組が始まった。

サ「答えを考えてると眠たさを紛らせそうだな」

そう考え、その番組を聴き続けた。

そして、一問、また一問とクイズが進んでいく。

ラ「では、最後の問題です!」

サ「なんだ、もう終わりか。まだ半分も来てないのに」

すると、ラジオから聞こえてきた問題は、今までの陽気な声ではなく、すごく低い声で、

ラ「あなたの後ろに居るのは誰でしょう…」

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ