岡田有希子幽霊騒動

既読ボタン
  • 既読 (1)
スポンサードリンク

1986年4月8日、レコード大賞新人賞の受賞者で“ポスト聖子”の呼び声も高かったアイドル、岡田有希子が所属事務所であるサンミュージックのビルの屋上から飛び降り、突然の死を遂げた。

原因は俳優の峰岸徹との不倫関係のもつれなどと言われているが、はっきりしたことはわからない。
翌日の報知新聞の一面には、地面にうつぶせに倒れる彼女の遺体の写真が大きく掲載される。

これはいち早く現場に駆けつけた報知新聞社のカメラマンだけが撮影できた、貴重なスクープ写真である。
ところがその翌年、このカメラマンは交通事故に遭い死んでしまった。
これは岡田有希子の呪いである。

実は彼は岡田有希子の遺体を撮影した時、現場にまだ警官が駆けつけていないことを良いことにうつぶせに倒れていた彼女の遺体を足で蹴飛ばし、仰向けの姿もカメラに収めていたのだ。
これはより衝撃的な写真を取ろうとしてのことだが、このことが死者の怒りにふれ彼の命を奪ってしまったのである。

死者の祟りなどとは非科学的な、と思う方もおられるかもしれない。
しかし、岡田有希子の霊は実に多くの人に目撃されている。
もっとも有名なのフジテレビの歌番組、「夜のヒットスタジオ」に彼女の姿が映ったという事件であろう。

この放送は岡田有希子の死後に生放送で行われたため、そこに岡田有希子が映っているはずはない。

それなのにもかかわらず、多くの視聴者から「『ジプシー・クイーン』を歌う中森明菜の後に、ワンピース姿の岡田有希子が立っているのをはっきりと見た」という内容の問い合わせ電話がフジテレビに殺到し、多くの新聞やワイドショーなどがこの問題を取り上げるなど日本中を巻き込む騒ぎとなったのだ。

他にも「さんまのまんま」や「ザ・ベストテン」で岡田有希子の姿を見たという証言も多くあり、彼女の幽霊が存在することはどうやら間違いがない。

だとすれば、彼女の霊が自分の死体に対して非道な扱いをしたカメラマンを呪い殺したとしても不思議ではあるまい。
なお、彼が撮影した仰向けの写真はさすがに刺激が強すぎるということと、もし公表したらカメラマンが死体を動かしたことがバレてしまうという理由で掲載が見送られ、極秘書類として編集室の金庫にしまいこまれた。

今でもこの写真は他の極秘書類とともに報知新聞社の金庫の奥に眠っている。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (1)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ