「きつね」と「たぬき」の怪

既読ボタン
  • 既読 (1)
スポンサードリンク

近畿地方では、食堂で「きつね」を注文すると刻んだおあげの入ったうどんが出てきます。「たぬき」を注文すると同じ刻んだおあげの入ったそばが出てきます。

京都だけは違います。京都で「きつね」を注文すると大阪と同じ刻んだおあげの入ったものが出てきますが、きつね=うどんではないので、きつねそばかきつねうどんかを選択します。というのも「たぬき」を注文すると餡かけに刻んだおあげの入ったものが出てくるからです。大阪のようにたぬき=そばではないので、こちらもたぬきそばか、たぬきうどんかを選択することになります。

京都のうどん屋さんで、なぜ京都では「たぬき」は餡かけなのか聞いたところ・・・、餡かけの「たぬき」を出前で届けたとき、湯気が出ていない状態のものを見たお客さんが・・・「冷めてるじゃないか!もう麺ものびてるんじゃないか?」と箸をすっと入れてみると・・・餡かけの中から湯気がふぁ~とあがってきた・・・。
これをみてお客さん「たぬきに騙されたみたいだ」と言ったとか言わないとか

オチもついたところですが、近畿地方以外では「きつね」を注文するとおあげの入ったものが出てきて、「たぬき」を注文すると天かすの入ったものが出てくるところが多いです。

なので、きつねそばもきつねうどんも、たぬきそばもたぬきうどんも当然あります

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (1)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ