百物語

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

百話に達すると怪異が起こるという百物語にまつわる話は多い。

ある若者グループが10人で百物語をすることにした。友達の家に集まり夕方から開始して、99話に達したときには既に明け方近くなっていた。

あと一話で怪異が起こる・・・・

そんな空気が流れていて、誰も最後の1話を語ろうとはしない。蝋燭は使わずに部屋を真っ暗にして怖い話をしていたので、沈黙と暗闇の空間がしばらく続いた。
しばらくして一人が沈黙をやぶり話しを始めた。その話は最後の話というだけあってとても怖い話だったという。

話が終わり再び沈黙が流れる・・・・・・

しばらくして「なにも起きねえじゃん」と一人が電気を付ける。確かになにも起きていないと他の9人も安心した。

「最後の話まじで怖かったなあ~あれは誰の話?」
と聞くとみんな自分は話していないと言う。

今思えば確かに聞き覚えのない声だったという。ではいったい誰が話しをしたのか?

ふと気がつくと部屋の隅に誰かが膝を抱えてうずくまっている。

「俺だよ・・・」

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ