M資金

既読ボタン
  • 既読 (1)
スポンサードリンク

戦争中、日本軍は各地で略奪や徴収を行い、もともとの軍資金などを含めるとその額は莫大なものとなっていた。
戦後、それらの資金はマーカット少将なる人物が差し押さえ、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の管理下に置かれた。
資金の大部分は戦後の補償や復興費に使われたが、一部は政府の限られた高官達やアメリカ政府よって
現在に至るまで秘密裏に運用されており、その額は数十兆円にも上ると言う。

そしてその資金は選ばれた会社や個人に低金利で貸し出されて日本の経済を裏で支えているのだ。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (1)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ