カーネルの呪い

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

1985年の10月16日、21年間耐え忍んだ想いが実り、その年のセントラルリーグを阪神タイガースが制しました。
その日の大阪は普通では考えられないほどの大騒ぎとなり、夜になるとファンでごった返し、想像も付かない騒ぎが起こりました。ファン達は自分達をV戦士である、掛布、岡田、中西、福間などの見立てて胴上げを繰り返しました。
しかし、クリーンアップの一端を担う最強の外人助っ人、ランディ・バース程恰幅がよい人が見つかりません。
興奮したファンは、なんとかして今年優勝の原動力となったバースの代わりを見つけようとしました。
そして、なんとケンタッキーフライドチキン道頓堀店のカーネル人形が代わりとなりました。
店員がとめるのも聞かず、ファン達はカーネル人形を胴上げし、興奮が最高潮に達したときファンと同じようにカーネル人形を道頓堀にダイブさせてしまったのです。

しかし、その行為がカーネル・サンダース氏の恨みを買ったのか、その年から阪神タイガースは18年間優勝から遠ざかってしまったのです。

これをカーネル・サンダースの呪いといいます。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ