ラブホテル

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

あるカップルがラブホテルを利用した。
そのホテルで一部屋だけ料金の安い部屋が二人の目に留まった。
カップルはお金を節約したいという考えもあり、その部屋を利用することにした。

部屋に入るなり、もともと霊感の強い女性のほうが部屋から嫌な感じを受けた。
うまく説明できないが、あまりこの部屋にはいたくない・・そう思った。
もしかしたら何かよくないことがあるかもしれない。
彼女は額の裏を見たり、部屋をよく探してみたが特に異常は見つからなかった。
しかし、漠然とした不安はまだなくならなかった。そのために行為もそこそこに、「何も悪い雰囲気は感じないけど」と言う彼を、無理やりせかして部屋を出た。

彼女の予感は間違ってはいなかった。
部屋にあるベッドの裏側、そこにはびっしりとお札が貼られていたのだから。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ