ミラクルおじさん

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

2003年の春競馬を締めくくる宝塚記念。
優勝したのは6番人気のヒシミラクルという馬だった。当レースは日本国内のレースでも最高のグレード1。
ヒシミラクルには優勝賞金としてこちらも高額の1億3200万円が支払われた。

しかし翌日、ワイドショーは騒然となる。
なんとこの宝塚記念において、馬券で2億円を当てた男性がいたと騒然となった。
男性は単勝(1着の馬を当てる馬券)を当て続け、宝塚記念では1200万円をヒシミラクルに投じた。大金が動いたため、一時的ではあるが、ヒシミラクルが1番人気に躍り出た。
男性受け取った額は約2億円。これは優勝馬に支払われる金額よりも多かった。この話を聞いた優勝ジョッキーも「私以上の勝負師。すばらしい」と感心するばかりだった。

この男性は「ミラクルおじさん」や「2億円おじさん」と呼ばれるようになった。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ