豚に弁当

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

2002年ごろ、福岡県内の養豚農家で、あるコンビニの弁当やおにぎりを母豚に毎日3キロずつ与えたところ、豚の妊娠期間である114日後のお産で、死産が相次ぎ、やっと 生まれた子豚も、奇形だったり虚弱体質ですぐに死に、透明なはずの羊水がコーヒー色に 濁っていたという。

死んだ子豚は約200頭。

与えたコンビニ食は、回収業者が持ち込んだものであったが、腐っているわけではなく、農家の主が「ちょっとつまもうか」と思うほどの状態であった。当初の目的は月20万円のえさ代を浮かせることだったという。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ