ストーカーの恐怖

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

一人暮らしの女性がストーカーの被害に悩まされていた。
ゴミを荒らされたり、家の前にずっと立っている男が目撃されたり・・・
なによりも彼女を悩ませていたのが毎日必ずかかってくる無言電話だった。
ある日、我慢の限界にたっした彼女は、無言電話にむかって『いい加減にしてよ!気持ち悪い!警察に連絡しますよ!!』と怒鳴りつけた。
しばらくの沈黙ののち、電話は『殺す』という低いつぶやきのあと乱暴にきられた。怖くなった彼女は、急いで警察に連絡した・・・

さて、その日の夜。
やはり彼女のもとにかかってくる電話。
ただし今夜は無言ではない。電話口で男が不気味に笑っている。
彼女はすぐ電話を切ってしまいたかったが、警察に逆探知をしてもらう為に我慢した。
男の笑い声はなおも続いている。どれくらい我慢したのだろうか。
突然彼女の携帯電話に着信があった。昼間の刑事からだ。

『いいですか、今すぐその家から逃げ出しなさい』

刑事は緊張した声でそう告げた。
しかし、外ではこの恐ろしい男が自分の事を待ち構えているかと思うと怖くて移動できない。
その様子を感じ取った刑事が続けざまにこういった。

『逆探知の結果がでました!犯人はあなたの家の中から電話をかけているんです!あなたの家の中にいるんです!』

驚いた彼女は男からの電話をきり急いで部屋から逃げ出した。

そして家の中には、電話をきってもなお響き続ける男の低い笑い声・・・

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ