死ぬ瞬間の表情

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

友人から聞いた話。
幽霊とかじゃないけど、ゾクッとした。

「人が死ぬ瞬間の顔って、なんというか壮絶な顔というか、物凄い物を想像しちゃいますけど、実際には違うんですよね」

という会話を聞いたそうだ。
友人の先輩が行き付けの居酒屋での事だった。
話を聞いていると、隣の客はどうも私鉄に勤務する運転手の様だったらしい。

「飛び込み自殺なら覚悟の事でしょうから、たいてい目をつぶってたり、下を見たままで顔は見えないんですけど、事故で転落した人の場合にはね、はっきりと顔が見えるんですよ。迫ってくる電車をキッと睨むんです」

話によると、そういう人は最初はそれこそ物凄い顔をしてるんだけど、最後の瞬間に(ああ、自分はもう助からないんだ)と瞬時に分かって、何ともいえない無表情になるのだそうだ。

コレ聞いてさ、妙に説得力が出たんだけどな、そう言って先輩は友人にコピー用紙を見せてくれたそうだ。

友人と先輩は大学の写真部だったのだが、心霊写真に凝っていた先輩が見せてくれたのは水中カメラマンの写真だった。
先輩によると、行方不明になった水中カメラマンの最後の写真なのだそうだ。
捜索によって発見されたカメラを遺族が現像した物、というふれ込みらしいその写真には、男の顔のアップが写っていた。

「な、確かに無表情だと思わねえか?」と先輩が言う。

男の顔は穏やかというか、無表情なのだが、だからと言ってコレが男の死ぬ瞬間とは言えないじゃないか?
証拠も無いし。
友人がそう反論すると先輩が言った。

「ま、オレもそう思ったんだけどよ。この写真の次に写ってたらしい写真に、サメのアップが写ってたというウワサが有るんだってよ」

勿論そのサメの写真は先輩も持っていなかったのだが、ウワサによると男のアップの次のショットには男の顔の後ろに大きなサメの顔が写っていたらしいのだ。
それで、電車事故の話を偶然聞いて、説得力があると思えたらしい。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ