飲酒運転の代償

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

ある男性会社員が帰り際に仕事仲間との飲み会に参加した。しこたま飲んでしまったが、家まではわりと近い距離だったために、代行タクシーを呼ばずに車を運転して帰ることにした。

しかし、家までもう少しというところで一瞬だけ眠ってしまった。一瞬ひやりとしたが、すぐにハンドルを取って家に帰ることができた。次の日仕事に出ようとガレージに向かった彼は信じられないものを見てしまう。

それは、自分の車の屋根の上で死んでいる女の子だった。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ