スナックの幽霊

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

水商売ではお店に幽霊がいると、商売繁盛につながるというジンクスがある。
人の集まるところには“良い霊”が集まり、廃墟などの人気(ひとけ)のない場所には“悪い霊”が集まる。
それが転じて、「霊がいるところには人も集まる」となったのではないかと。
飲食店などの店先の“盛り塩”にも、実は「霊を迎え入れる」という意味もあるらしい。

ある繁盛していた居酒屋さんに、いわゆる「霊の見える人」が立ち寄った。
そして角の空いている席を見ながら店員に、「ああ、あそこの席におばあちゃんとそのお孫さんらしい子供がいるね」と話したところ、それを店員から聞いた店長が薄気味悪がってお祓いをした。
以来、霊は消えたが、その日を境に客足もぱったり。

商売繁盛をもたらす良い霊だったのに、それを祓ってしまったため、客足が遠のいてしまったらしい。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ