溶接実習

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

とある工業高校での話―

その日は溶接の実習授業が行われていた。
鉄を溶かして加工する溶接では温度が数千度に達し、いやがおうにも温度が上昇する。

しかし、ある男子生徒が汗をぬぐうために目を保護する遮光マスクをはずしてしまった。
そしてその瞬間、彼は目の前で飛び散る溶接の火花を直接見てしまった。

夜、コンタクトをしていた彼はいつものようにはずして眠ろうとした。
しかしいつもと違ってなかなかコンタクトが外れない。
彼が焦って力をこめると、ぽとりとコンタクトが手のひらに落ちた。

だがその瞬間、彼の片方の視界は暗闇に飲まれた。
彼はパニックになって救急車で病院に運ばれると、医者にこう言われた。

「あなたの片方のコンタクトは角膜とくっついていました。おそらく溶接を直接見てしまったときに、火花の高熱によって角膜とコンタクトが癒着してしまったのでしょう。残念ですがもう片方の目も・・・」

彼の視界はしばらくして完全に失われた・・・

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ