見ないで!

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

ある男性が通勤のために電車を待っていた。
すると自分の背後から悲鳴が上がった。

男性のうしろのホームで、通過する電車に女子高生が飛び込んだのだ。

女子高生の体はバラバラに飛び散り、後を見て呆然としている男性の足元へ
彼女の首が転がってきて動きを止めた。

固まりつつも足元の首に男性は視線を落とした。
すると彼女の生首の目が開き、「見ないで!」と叫んだのだ。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ