東南アジアの女

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

ある男性が東南アジアの国を旅していたときのこと―

その日は観光客の多い都市部から離れ、密林と隣り合わせのような場所にある
小さな町に泊まる事になった。

そんな場所だから特に見るものもなく、酒場で少し酒を飲んだ後に眠ろうとしていた。
すると怪しげな男が隣に座り、これからすごいショーが始まるから来ないか?と男性を誘った。
男性はこのまま寝てしまうのもなんだかもったいないと感じ、用心しながらも男に付いていくことにした。
道案内をする男はしばらく歩くと町外れのコテージに入っていった。このなかでショーがあるという。

コテージに男性が入ると、そこにはすでに10人以上の男達が車座になっていおり、
全員がショーはまだか?と期待に目を輝かせていた。
その熱気に男性もどんなショーが始まるのか興味津々で輪に加わった。

それからしばらく経つとコテージに主催者と思われる男性が入ってきて
「今夜の獣をご紹介します」と説明をした。
男性がなんのことがわからないでいると、トラの毛皮を身にまとった女がコテージへと入ってきた。
すると主催者の言葉を待たずにその場に居た男達が女に襲いかかった。
そして女を性欲の捌け口として乱暴の限りを尽くしたのだ。
男性はあっけにとられ、その様子を固まって見ていた。

男性がようやく落ち着きを取り戻すと、とんでもないことに気が付いた。
女は舌を抜かれているらしくワケの分からない悲鳴を上げている。その悲鳴が日本語のように聞こえるのだ。
「●@た#ふ%%!け};; ̄て!!!」
(た・す・け・て?まさかな?)

そんな彼女の声が分かるはずもない地元の男性達は彼女に更なる乱暴を重ねていった。
「!!!=や@`*$め▲◇&て!!おね>”×【Яが・・い!」
(やめて?おねがい?まちがいない、彼女は日本人だ!)

この事実に愕然としてる男性に主催者が近寄って「あなたもやらないのですか?」と声を掛けてきた。
男性は冷や汗を流しながら「いや、今日は気分が乗らないので失礼するよ。」と言ってコテージを出た。


[戻る]

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ