ドリブルババア

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

ある男性が高速道路をバイクで走っていた。
高速をバイクで飛ばすのは気持ちがいい。

しかし、男性がふと横を見ると、バイクに併走しながらバスケットボールをドリブルしているおばあちゃんがいた。

あまりに異常な事態に男性が固まっていると、おばあちゃんはドリブルしていたボールを男性の胸の辺りに投げてきた。
そう、まるでパスでもするかのように―

反射的に、男性はパスされたボールをキャッチしてしまった。

しかし、ハンドルを握られていないバイクは傾き、ものすごい勢いで男性もろとも転倒し、
100キロほどのスピードを出していたバイクから投げ出された男性は死んでしまった。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ