ランニング幽霊

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

ここは茨城県T市の大学寮H宿舎

最近この宿舎の学生達はあるものに迷惑していた。
それは幽霊である。

その幽霊はマラソンランナーのような姿をしており、壁をすり抜けて宿舎の端から端の部屋までを走るのだという。
ランニング幽霊と名づけられたその幽霊は、寝ている学生達を踏んで夜の宿舎を走るために、
踏みつけられたりビックリする学生が続出していた。

「そういえばこの大学の陸上部の部員でマラソンのゴール直前で死んでしまった奴がいて、その幽霊が出るんだってさ。きっとあれなんだろう。」
そんな話を聞いたひとりの学生が「俺に考えがある」と言って次の日の夜、自分の部屋に寮のみんなを集めた。

彼はテープを用意すると部屋にいた一人に端を持ってくれと頼んだ。
そして、深夜ランニング幽霊が現れた。
幽霊はいつものように壁をすり抜けて現れたが、学生の持っているテープを切ると満足した表情をして消えてしまった。

なぜ消えたのか訳を聞かれた学生は
「なあに、幽霊はゴール直前で死んでしまったんだろ?だからテープを切らせてやったんだ。
さっき作ったのは幽霊の待ち焦がれたゴールテープだったんだよ。」
そういって学生はにっこり笑った

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ