ストーカー

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

ある女性がストーカーの被害に悩まされていた。
家の前に変な男が立っていたなど近所の人から聞くと背筋が凍る思いだ。

そして、どこからかぎつけたのか無言電話がかかるようになった。

「もしもし?」
「・・・・・」
「もしもし?どなたですか?」
「・・・・・」

こんな無言電話が何度か続いた。

そして彼女も我慢の限界に来ていたので、
その日いつものようにかかってきた無言電話に

「いい加減にしなさいよ!このストーカー!いや、ただの変態ね!」
すると今まで無言だった受話器から
「殺してやる……」
との言葉が返ってきて電話は切れた。

彼女はその反応に恐ろしくなり警察に相談した。
最近はストーカーの被害者対策に力を入れていた警察は
彼女の相談に対応してくれた。
そして今度電話がかかってきたときには逆探知を行ってから携帯電話にかけるので、
なるべくストーカーとの電話を切らないようにと言われた。

そして、その夜も電話はかかってきた。
しかし今日はいつもとは様子が違った。

「もしもし?」
「ククククク……」
「もしもし?」
「ククククク……ククククク……」

電話に出るとストーカーの男はただ電話口で笑っているのだ。
不気味な笑いに恐ろしくなった彼女は電話を切ろうと思いましたが、
警察が逆探知をしてくれることになっているのでそうもいかず、
我慢して受話器を持って、ただ男の笑い声を聞いていた。

そして、彼女の携帯電話が鳴った。
警察からだ。

「逆探知の結果が出ました!今すぐ外へ出てください!犯人はあなたの家にいるんですよ!」

彼女は急いで電話を切った。
しかし男の笑い声はまだ消えなかった……

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ