青い指輪

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

三人の大学生がキモ試しのために近所でも有名な心霊スポットの「▲▲家」と呼ばれる廃屋にやってきた。

そのうちの一人がビデオカメラを持って探索の記録を録ろうとした。
そしてほかの二人がテレビのレポーターのようにマイクを持つ振りをしながら
廃屋へと入っていった。

「どうもー○○でーす!おじゃましまーす!」

「怖くてあまり人が来ていないのでしょうか、あまり散らかってはおりません。」

「おっとこれはなんでしょうか?どうやら指輪のようです。ルビーでしょうか?」
レポーター役の一人が居間の隅に落ちていた青い指輪を拾った。
意外な掘り出し物に3人は喜んだ。そして特に心霊現象もないために廃屋を出ることにした。
もちろん指輪は持って帰った。

「どうも、指輪までありがとうございましたーおじゃましましたー!」

さっそく三人は部屋でさきほど録ったビデオを上映した。
「しばらくしたら指輪は売りにいこうぜ」等と軽口を叩きながら再生ボタンを押した。

廃屋の前でマイクを構えた振りをしている一人が映し出された。
おまえテレビ写りわりーなー等と冗談を言っているうちに廃屋へ入るシーンになった。

「どうもー○○でーす!おじゃましまーす!」

「いらっしゃい」

女性の声が入りこんでいた。三人は固まったままビデオを見た。

「怖くてあまり人が来ていないのでしょうか、あまり散らかってはおりません。」
「ほめてくださってありがとうございます。」

「おっとこれはなんでしょうか?どうやら指輪のようです。ルビーでしょうか?」
「うちの家宝のルビーです。持っていかないでくださいね。」

しかし、指輪はレポーター役のポケットに入れられて廃屋を出るシーンになった。

「どうも、指輪までありがとうございましたーおじゃましましたー!」
「ちょっと待て!」

低く、ドスの利いた声が飛び込んできた。

ガタガタ震える三人。

そして傍らにあった電話が鳴った。
受話器を取る。

「▲▲です。どうして指輪を持っていってしまったのですか?
指輪を返してもらいに本日そちらへうかがいますね…」

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ