足売り婆

既読ボタン
  • 既読 (1)
スポンサードリンク

ある日の放課後、下校途中の男の子が奇妙な老婆が話しかけられた。
「足はいらんかねー、足はいらんかねー」
男の子は無視して通り過ぎようとするが、老婆は思ったよりもしつこく
「足はいらんか~足はいらんか~」
と繰り返し問いかけてくる。
「足なんて、いりませんよ!」
男の子はうっとうしそうに語尾を荒げて断った。

「ぎゃー!」

夕方の街角に絶叫がこだました。

その声を聞いて、駆けつけた人々は息を呑んだ。
そこには、足をもがれた男の子がうずくまっていた。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (1)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ