隙間女

既読ボタン
  • 既読 (1)
スポンサードリンク

とあるところに、一人暮らしをしている男性がいた。
ある日、男性は部屋の中で何者かの視線を感じるようになった。
もちろんあたりを見回しても誰もいない。部屋には自分ひとりだけのはずである。
しかし、見られているという感覚は、なおも続いた。
不安になった男性は、部屋の中を探しても見たが見つからない。覗かれているかもしれないが、男性は自室にいるときはカーテンを閉めているのでそれはありえない。
もしかして監視カメラや盗聴器でもあるかのか……男性はますます心配になって念入りに部屋を探すことにした。
そして視線の正体を見つけてしまった。

タンスと壁のわずかな隙間から、じっとこちらを覗いている女を―

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (1)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ