山道を歩く親子

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

あるカップルが夜遅くに山道でドライブを楽しんでいた。
と、突然道路の脇から幼稚園児くらいの女の子が飛び出してきた。
少女は何事かを大声で叫びながら両手を大きくあげ、彼らの車をとめようとしている。
ところが、運転していた男性は、突然のことに気が動転し、大きくハンドルを切ると少女の脇をすり抜けそのまま走り去ってしまった・・・

しばらく走り気持ちが落ち着くと、二人は先ほどの少女について話し始めた。
こんな真夜中に、あんなに小さな女の子が一人でいるのは絶対におかしい。
もしかしたら迷子になって困っていたのでは?そんなことを話していると、前方から若い男性が走ってきた。
男は彼らの車に気付くと、とまって欲しいとジェスチャーしてみせた。
二人は今度は素直に従い、道の脇に車を寄せてとめた。男は車に駆け寄ると、『この辺で私の娘を見ませんでしたか!?』と、たずねてきた。
なんでも山道を歩いてくる途中、娘とはぐれてしまい必死で探しているそうだ。
するとさっきの子供は、父親とはぐれて困っていたのか。
そう納得した二人は、先ほどの少女のことを父親に伝えた。
置き去りにしてきた罪悪感から、『そこまで乗せていきましょうか?』と申し出たが、『そこまでしていただかなくて結構です、ありがとうございました』と、少女のいた方角へと走り去ってしまった・・・

それからしばらくたったある日、二人が何気なくニュースを見ていると、最近おこった幼女誘拐殺人事件の犯人がつかまった、という報道をやっていた。
次の瞬間、画面に映し出された犯人の写真を見て二人は言葉を失う・・・

そう、あの日あった親子は親子なんかではなく、恐ろしい殺人犯と、その魔の手から逃れようと必死で助けを求めてきた幼い少女だったのだ・・・

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ