むらさきかがみの真相

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

「紫鏡」の都市伝説を耳にして、嫌な気分になった方は少なくないはずである。
人を嫌悪させたり、気持ちを低迷させたりする言葉の「力」は、古来より呪術としても利用されてきた。これが「言霊:Power of word」である。
ここで、言霊の一例をあげてみよう。
「顔色が良くないけど大丈夫?」…あなたはこの言葉をどう思うだろうか。一見、相手を思いやる言葉にも見える。
しかし、病人はともかくとして、健康な者に何回も使われるとすれば、「もしかしたら、自分は体を壊したのでは…」と考えてしまうだろう。そして、「言霊」が繰り返されるうちに、いつの間にか「病気」という観念が、潜在意識の中に摺り込まれていくのである。結果として、本当に体調を崩してしまう事にもなりかねない…実は、これが呪法の基本なのである。
日常には、こうした人の潜在意識に影響を与える「言霊」が氾濫している。紫鏡も低俗ではあるが、こうした呪法の一種と考えてよい。

非常に厄介な言葉の「魔力」というべきであろうが、実はこうした「言霊」を解除する方法が存在するのをご存じだろうか。それはキーワードとなる、「単語」を用意して、言霊の後につなげるというものである。
「まじない」等はこうした理屈から生成されており、キーワードを用意する事で「言霊の呪い」は解除されるのである。
「ある単語」は何でも良い。自分の好きな「色」や「食べ物」、「人物名」等々、これは言霊だな…と感じたら「青空」(例えば)等とイメージすれば良い。

話を戻し、紫鏡にもキーワードは存在する。それが「ぎんのかがみ」である。
「ぎんのかがみ」を「紫鏡」とワンセットで覚えておくと、呪いは無くなるというものである
しかしながら、先述の通り「ぎんのかがみ」に限る事はなく、あくまでも自分を爽やかにしたり、好きな言葉で良い。つまりは「紫鏡」に対して「青空」でも有効である。

必要なのは、自分自身の気持ちを「転換」する意思なのだ。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ