既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

東北自動車道の横の122号線での体験。
川口市、外環から122を北上して、さいたま市の自宅へ帰る時の話。
時刻は午前四時ごろ? 浦和インターへの入り口と分かれてちょっと経ったころ。

「ん~? 前後から車がいなくなったな。さっきまで後ろにぴったり
くっついていたトラックはどこ行った?」

ふとバックミラーを見る。…!!!後ろに人影がある!

黒い、文字通りの人「影」が!

「い、いや、落ち着け、前の方の光で出来た俺自身の影がリアウインドウに
写ってるだけだ!」

でも、前の方にそんな強い光はない。

それに、いくらほとんど直線の道でも、微妙に左右に動かしている
ハンドル操作をしているんだから、影がリアウインドウに ぴったりと
貼りついたように動かないってことはないはずだろう。

「いや、俺自身の影だ」と自分にいい聞かせながら運転を続ける俺。

そのうち、あることに気づいた。

ずっと後ろを走っている車のヘッドライトが、車線変更で
その影の方へ移動する(この道は一方向のみの2車線)と、
光量がグッと落ちる。

つまり、その「影」は光を通しにくい半透明の実体なのだ!

これはヤバイ!ヤバイ! 「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」と
心の中で唱えながら、運転しているうちにそいつは消えた。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ