クレヨン

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

ある売り出し中の家の修復作業をしに相方と二人で向かいに行った
外装は既に他の業者が終わらせているので午後に作業するのは二人だけ
着いて早々家の中に入るなり二人は廊下にクレヨンが落ちてる事に気付く
あ~以前にいた子供の落し物だな~と納得していると

更に階段の上にもクレヨンが落ちている事に気付き不思議に思っていた
二階建ての家なので手分けして一階と二階に分かれて仕事をしていると
相方が二階から物凄い勢いで下りて来て笑いながらヤバイヤバイと叫ぶ

聞けば二階で作業してたらクレヨンが横から転がってきたので見上げると
女の子がぼ~っと立っていて声を掛けたらす~っと消えてしまったと言う

家の中の空気も変わってきて二人して気持ちが悪くなり一度外へ出ようと
玄関へ足を運ぼうとした途端に相方がふと不思議な事に気が付いた

廊下の突き当たり壁になってる所注意して見ると薄っすら扉の縁が見える
何だ?と思い二人は近寄ってみると確かに内壁で扉を隠してるのが解かる
本来こういう事はしちゃいけない事だけど気になったので

二人してボロボロの内壁を捲ってみると本当にノブの無い扉が出てきた
あとはもう見てやれの一心で押し蹴る様な要領でゆっくりと開けてみたら

暗い部屋が見つかり目を凝らしてよ~く見ると部屋の壁一面にクレヨンで
お父さん出して!お父さん出して!お父さん出して!と一面に書いた後が
うわ~!と二人ともショックに陥り仕事を放棄してさっさと退散した。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ