キャベツの千切り

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

幼い頃から、夢をみるとたまに男性が現れる。
現実の世界ではあった事のない、見知らぬ人だ。

その男性は自分が夢の中で、危険な目にあったり怖い場面になると、
必ず現れて、自分を助けてくれた。

アパートで1人暮らしをしていたある日、ドアをノックする音がした。
ドアを開けると、夢の中に出てくるあの男性だった。

「やぁ、来ちゃったよ。」
「よく来たね。まぁ上ってよ。」

何故か自分は驚きもせずに、男を家に上げた。
ビールでも飲もうという話になったが、つまみはキャベツくらいしかなかった。

「待ってて、千キャベツ出すから」そう言って、台所でキャベツを刻んでいると
急に金縛りにあい、そして気を失った。

気づいたら自分は布団の上にいた。「なんだ、夢だったか」

そう思いながら、ふと台所をみると・・
まな板の上に途中まで刻んである、キャベツの千切りがあった。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ