幽体離脱

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

すごく天気が良かった日の午後にPCに向かって作業を
していたら突然睡魔がおそってきて
それはまるで燃料切れのようにアッという間に意識が
遠のいて、手がダラリ頭がガックンとなるのが解った程だった。

そしたら次の瞬間、オイラの眼に入ったのはオイラ自身の
後頭部だった。

椅子に座ったまま、だらしない格好で寝ている自分の後頭部を
やや斜め上方から見ている格好になった。

あり得ないシチュエ-ションにちょっとパニックった瞬間、意識は
椅子で眠る自分に戻りました。

ほんの一瞬の出来事でしたが夢とは全然ちがう生々しさがあって・・
確かに滅茶苦茶いそがしかった時期だから精神的にも
まいってたし、あのまま意識が本体に戻れなかったらきっと
死因は突然死か過労死になったのかなあ。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ