お地蔵様

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

この話は大学時代の先輩が経験した自動車に関係した話です。
当時峠を車で走る、いわゆる走り屋をやっていた先輩がいつものように峠を愛車で走っていたそうです。

何往復かした後最後の一本と思い再び走り出したところ、あるカーブで曲がりきれず脇の草むらに突っ込んだそうで,その際にゴツッと鈍い音が聞こえたそうです。

先輩は車の損傷程度を確認するため、すぐに車を降りたのですが、今まで経験したことがないような寒さを感じたそうです。

車を降りた後、フロントバンパーを確認したのですが、音の割にはわずかな損傷だったそうです。

よかったと胸をなで下ろした時、ある物に気づいたそうです。

ゴツゴツした丸い石と細長い石が車の前方に転がっていました、こいつに当たったのかと口ずさみながら近づいてよく見るとそれは頭と体がとれた無惨な姿のお地蔵様でした。

先輩は無神経な人なので、お地蔵様の体を立てて、頭を無造作に載せて帰路についたそうです、時間は2時30分過ぎでした。

その後、異変はすぐに起きました、運転中にハンドルいっぱいに男の顔が浮かび上がり、ずっとこちらを見ているそうです。

顔は恨めしそうに見ており、先輩は怖くて逃げようと思ったらしいのですが、なぜかここで逃げると殺されると感じたそうです。

なぜならば、逃げようと思うと首を絞められる感じがしたそうです。先輩は平常心を心がけ家に向かいました。

先輩が家に帰るまでの間に様々な異変が起きたそうです。

突然ラジオが始まったり、車内灯が点灯したりと、それでも運転を続けました。

そしてある緩やかなカーブにさしかかった時、そのカーブの途中に老夫婦が並んで立っており、通りゆく車を1台1台見ているそうです。

普通は街灯もない夜道、老夫婦がいるわけもないし、遠くから見えるわけもないですよね、でも先輩にはそれが見えるだけではなく、すぐにこの世の人ではないと感じたそうです。先輩は目が合わないように一生懸命運転しておりました。

先輩の車が老夫婦の前を通りすぎたその瞬間、急に車がスピンし側壁ぎりぎりのところで止まったそうです。あわてて車から降
りてあたりを確認したところ道も濡れていないし、滑る要因がまるでなかったのです。

この時先輩は車から降りることができたことに気づきほっとしたのですが、車に戻ったときに愕然としたそうです。あの老夫婦
が車の後部座席に乗っており、こちらをずっと見ていたそうです。

気丈な先輩でもさすがにその場に倒れたそうです。目が覚めたとき、なぜか先輩は車に乗っていました、まだ夜は明けておらず、空は真っ暗でした。

目が覚めてもハンドルは見られなかったそうです。まだ彼がいます、さらに後部座席にも明らかに老夫婦の気配があります。先輩はもときた道を引き返し、お地蔵様の所へ向かいました。なぜそうしたのかは今でも分からないそうです。

やっとお地蔵様の所へたどり着いた先輩は、お地蔵様の前で土下座をして謝り,お地蔵様の頭を丁寧に慎重にもとの位置に戻したそうです。

普通はここで霊現象が終わると思ったのですが、霊現象はエスカレートする一方で、痩せ細ってゆく先輩を見かねて先輩の彼女が、先輩と一緒にお祓いを受けたそうです。

お祓いは実際にお地蔵様のところで行われました。先輩が言うにはお地蔵様の目がお祓いの間ずっと先輩の顔を見て
いたそうです。

お祓いの最後に「次来たら、連れて行く」と図太い声で耳ではなく頭の中に響いたそうです。その後、霊媒師はすごい剣幕で先輩を叱ったそうです。

お祓いを受けるのがもう少し遅ければ車の事故で確実に殺されていただろうと。さらに車の中には溢れんばかりの沢山の
霊が乗っているから供養しなさいとの事でした。

その後の先輩ですが、あの峠周辺には全く近寄っていないとのこと。当然あの車は廃車です。
最後になりますが、先輩はずっと霊と目が合わないようにしていたらしく、一度も目は合ってないはずなのにハンドルに現れた男性の顔だけでなく、車に乗っていた霊のすべての顔、つまり首から上の部分を今でも
詳細に憶えており忘れることができないそうです。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ