記念写真

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

小学生の仲がいい男の子4人が海へ遊びに行った。
初めは浴場の方で遊んでいたのだけれど、そのうち飽きてしまい、 ひと気のない岩場へと移動。
散々、遊んでさぁ帰ろうという事で、記念撮影を。
しかし、普通に写真を撮ったのでは面白くないので一度水に潜り、 「せ~の!!」で水面から飛び出たところをパシャリといこうという事になった。

そうすると髪の毛が顔に張り付いて面白いだろうって理由だったようですが。
で、まぁ写真を撮影。横一列に並んだ、男の子達はドボンと一度、潜ります。

「せ~の!!」でパシャ!!!

ところが…..。何故だか、真ん中の男の子が顔を出さない。
「お~い何してんだよ。」まぁ、冗談だと思いそんな雰囲気で探したんでしょうな。

しかし、いくら探しても見つからない訳ですよ。
その真ん中の男の子が。

結局、海難救助隊が出て捜索するという大騒ぎにまでなって、
男の子は離れた沖合いで水死体となって発見される訳ですが。

家族が悲しみにくれていた時、フト写真のことを思い出しました。
もしかしたら、自分の息子はちゃんと写真に写っているかもしれない、そうすれば最後の姿を治めた形見になるだろう。

そう思いたった母親が鑑識の方へ、写真を譲ってくれないか?と申し出ました。
ところが、どうしてもこの写真は見せる事が出来ないと鑑識が強く拒むのです。

息子の形見なのだからと、散々のお願いにより、やっと見せて貰った、その写真に写っていたものは…..。
横の二人はちゃんと写っていました。

しかし、真ん中にはずぶ濡れになった見た事もないようなおばあさんが写っており、
真ん中の子供の頭を上から押さえつけていたのだそうです。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ