既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

夜遊びをしていた中学生達四人組。
学校にいってみようということになりました。

体育館にあったバスケットシューズを盗んだり
スプレーで所かまわず落書きをしていたそうです。

そうこうしている内に肝試しをしよう、ということになりました。
内容は単純です。非常階段を使って屋上までいって戻ってくる、というものです。

しかし、屋上の壁が高いので屋上にいったかどうかが見えないのです。
議論した結果、手を上げればその手が見えるだろう、ということになりました。

肝試しが始まりました。

まず一人目。屋上から手が見えました。続いて二人目、三人目。

最後、四人目です。「四だってよ。縁起悪いな」さんざんおどかされてスタートです。
そして四人目が屋上で手をふりました。

その瞬間、窓という窓から手が出てきてこちらに向かって手をふっていたそうです。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ