ありがとう

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

俺がまだ学生時代の話です。友達のAは、凄く怖がりなヤツでした。
夜に仲間で集まって遊ぶときなどは、よく怖い話などをしてAをからかって遊んでたものです。

で、ある日、学校も休みで暇だったので、Aの家にでも遊びにいこうかと思い、昼過ぎくらいにAの家に遊びにいったのです。
2人ともレゲーが好きで、ファミコンやスーパーファミコンなどに熱中して
「これ懐かしいなぁ~」とか言いつつ盛り上がってました。

んで、ふと気がつくともう午後7時過ぎてたんですよ。
とりあえず飯でも食うかぁ~って事になって、弁当屋に飯を買いにいき、またAの家に戻ってきて、TV見ながら晩飯食ってました。

丁度その時、TVで心霊特集みたいなのやってたんですよ。
怖がりのAは、「チャンネル変えようやぁ~」とか言ってたのですが、Aの怖がってる反応が面白く、また俺もオカルト番組好きだったので、無理矢理チャンネルそのままで見てました。

番組も終わりかけてた頃、ふと俺は、あるイタズラを思いつきました。
ベタなイタズラですが「あっ!!お前の後ろに霊が見えるぞ!!」ってな感じで怖がらせようと思ったのです。

今思い返せば、その他愛のないイタズラが恐怖の始まりだったのです。

俺は、頃合いを見計らって、Aの左肩の上の一点を凝視し始めたのです。
もちろん、いかにも「そこになにかいる!!」とAに思わせる為の芝居です。

やがて、Aはそれに気付きました。不思議そうな顔をして
「何?何見てんの?」
と聞いてきましたが、俺はそれに答えずに無言で、ただAの左肩の一点を見つめます。

小刻みに震えてみたり、驚愕の表情を浮かべたりしながら。
我ながら、かなりの演技力だったと思います。
それを見て、Aもかなり不安になったらしく、後ろを振り向こうとしました。

その時、
「振り向くな!!」
俺は叫びました。Aはかなりビビッて俺の顔を見ています。

もちろん、俺は心の中では「しめしめ」と思ってましたけど。
「いいか、何があっても絶対振り向くなよ。お前の左肩の上に、白目むいて大口を開けて、狂ったように笑ってる女がいるんだよ」
と、俺が言ったあと、Aは暫く固まってました。

しかし、いくら怖がりといっても、それを鵜呑みに信じるはずもなく、
「・・・お前なぁ、また俺を怖がらせようとしてんだろ・・・」
と、疑いの目を向けてきたのです。

俺はヤバいと思い、
「馬鹿野郎!マジなんだよマジ!とにかくここから出るぞ!!」
と焦って芝居を続けましたが、Aは完全に俺を疑っています。

その時です。

「はははははははははははははははははははははは!!!!!!」
と絶妙のタイミングで、女の狂ったような笑い声が聞こえたのです。

俺も想像してなかった出来事にビビリましたが、何の事はない、
つけっぱなしにしてたTVの、例の心霊特集の再現VTRの声だったのです。

しかし、Aは気が動転してるのか、俺の顔を見ながら震えいます。
「これはイケる!!」と思った俺は、「逃げるぞ!!」と叫び、玄関に走りました。
Aも必死の表情でそれに続きます。

Aの家を飛び出して、100mくらい走ったでしょうか。
俺は突然止まり

「あはははははははは!!」

と笑い出しました。もうタネあかしをしようかなと思って。
(しかし、思い返してみると、俺も相当イヤなヤツですね・・・)

Aは、きょとんとした表情です。
「ゴメン、全部ウソ!!さっきの女の声もTVの声!!」
そう言うと、流石にAも理解したらしく、怒りの表情で俺を睨んできます。

そして、Aの俺に対する小言が30分くらい続きました。
そりゃ、怒って当然だと思います。
結局、Aを完全になだめるのに1時間くらいかかりました。
「Aに昼飯を1週間おごる」という条件で・・・

んで、それから3日くらいたった(もちろん昼飯は毎日おごりました)
学校での昼休みの時、Aが真剣な表情で俺に聞いてきたのです。
「なぁ、この前の件、ホントに冗談だったんだよな?」

俺は、こいつホントに怖がりなんだなぁと呆れつつも、
「当たり前じゃん。全部俺の芝居だって。アレか?まさか本物の幽霊でも見たのか?」

と、からかいつつ聞くとAは、
「ヤッパそうだよな。・・・イヤ、いいんだ。気にせんでくれ」
と沈んだ表情で言いました。

俺はちょっとやりすぎたかなと罪悪感を感じていました。
その次の日からです。Aが学校にこなくなりました。
丁度インフルエンザが流行ってた時期だったので、風邪でも引いたのかなと思い、その時は別に気にしませんでした。

しかし、それからさらに3日たってもAは学校に来ませんでした。
携帯にも出ません。
流石に心配になり明日の学校帰りにでもAの家に行こう、と思いました。

その日の晩の事です。俺の携帯に着信が来ました。Aからです。
「おう、どうした?風邪でも引いたか?お陰でこっちは昼飯おごらずにすんだけどなーハハハ」
と冗談混じりに言ったのですが、Aは無言です。

ちょっと心配になり
「具合でも悪いんか?どーした?」
と聞くと、かすれるような声でAが言いました。
「・・・なぁ。この前の事、ホントに冗談だったよな?俺を怖がらせる為のウソだったんだよな?」

俺は、まだそんな事気にしてんのかこいつと思い、
「だから、全部ウソだって!この前も聞いたけど、本物の幽霊でも見たのかよ!?」
と聞くと、Aは暫く無言になり、こう呟きました。

「見た」

それを聞いて、俺も一瞬ビビッたんですが、もしかしたらAは、この前驚かされた仕返しを俺にしようと、ウソを言ってるんじゃないかとも
思ったのです。

「またまた。今度は俺を怖がらせようとしてんだろ?それか、神経過敏になりすぎて幻覚でもみたんじゃねーの?それか悪夢とか」
「・・・俺も最初はそう思ったよ。だけど、あれから毎晩出るんだよ。

最初は、夢の中だった。
白目むいて、アゴがはずれんばかりの大口開けながら狂ったように笑う女が。
・・・最初は夢見るだけだった
けど、ここ2~3日、いつも深夜に目が覚めるんだよ。
で、何か気配を感じて横を見ると、その女が隣に寝てんだよ・・・アッアッ!!アッアッ!!って狂ったように笑いながら!!
もしかしたら、それも夢の一部かもしんないけど・・・お前、ホントに何も見てないんだよな!?俺もう、耐えられねーよ・・・」

俺は暫くの間、何も言葉が出ませんでした。
半分は、俺に仕返しをする為にウソを言ってるのだと思い、半分はあまりにも真剣にAが話しているので、本当の事ではないのかと・・・
でも、あの女は俺が想像で作りだしたモノなので、実在するわけがないのです。
「・・・とりあえず、明日学校出て来いよ」
そう言って、俺は電話を切りました。

次の日、Aは学校に来ました。
思いのほか顔色も良く、沈んだ感じもないので、「あ~こいつやっぱり仕返しでウソついたんだなぁ~」と俺は思いました。
Aは俺の姿を見つけると、笑いながら駆け寄って来ました。
「よう!」
「よう、じゃねーよお前。やっぱり昨日の話はデタラメだったんだな?」

そう俺が笑いながら言うと、Aは真剣な表情になり、こう言いました。
「いや、あれはウソじゃない。でも、俺はアイツにもう苦しめられなくてすむ。やっと解放されたよ」
「ハイハイ、もういいって。お前も大した役者だよな。でも、解放されたって何だよ?」

と俺が聞くと、Aがニヤリと笑いながらこう言いました。
「次はパパの所へ行く。そうあの女が言ってたから。んじゃ、気をつけろよな」

そう言いながら、Aは教室に入っていきました。「一本とられた」。
俺はそう思いました。
Aの話だと、俺の想像が作り上げたバケモノが、Aの所へ現れ、次に創造主である俺の所へ現れる、と言う事なんでしょう。
「Aもなかなか、味な仕返しの仕方するじゃないか」と、俺は感心してしまいました。

実際、俺は少しゾッとしてしまったのですから。
しかし、恐怖はこれだけでは終わらなかったのです。

その日は飲み会があったので、俺が帰宅したのは深夜2時過ぎでした。
早く寝たかったので、速攻でベッドに倒れ込みました。その時、ふと昼間のAが言った言葉を思い出してしまいました。
「次はパパの所に行くから」
いくら冗談だとはいえ気味が悪くなり、早く眠りにつこうと必死になりました。

どうやら酒も入ってた事もあって、いつの間にか俺は寝ていた様です。
ふと喉の乾きで目が覚めると、時刻は午前5時半過ぎでした。
当時は真冬だったので、明け方とはいえ外はまだ真っ暗です。

冷蔵庫のウーロン茶でも飲もうかと、ベッドから腰を上げた時、窓の外から奇妙な音が聞こえてきたのです。
「アッアーッアッアッアッアーッ」
皆さんは、「明け方のハトの鳴き声」を聞いたことがあるでしょうか?

一定の間隔で「クックルークックルー」みたいな感じで鳴いてますよね?
俺もハトの鳴き声は何度も聞いたことがあり、「あぁ~ハトかな~」と別に気にせずにいたんです。
そして、キッチンでウーロン茶を飲み、再びベッドに入り眠ろうとしました。

すると、またあの音が聞こえてくるのです。「アッアーッアッアッアッアーッ」と。
一定の間隔で。

しかも、心なしかさっきより音が大きくなった様な感じがしました。
うるさくて眠れないので、窓を開けてちょっとだけ大きな音でもたてて、ハトを追い払おうと思いました。
窓を開けると、すぐ目の前に小さな公園があります。言い遅れましたが、当時の俺の家は新築コーポの1階でした。

不思議な事に、窓を開けるとハトの声は止まりました。「人の気配を感じて逃げたのかな~」と思い、窓を閉めようとすると、公園の入り口の所に人影が見えたのです。

まぁ明け方ですから、ジーさんバーさんが散歩でもしてるのかなとその時は思いました。
そして窓を閉めようとすると、またあの音が聞こえてきたのです。
「アッアーッアッアッアッアーッ」 一定の間隔で。

何度も何度も。「うるせぇなぁ」と俺は思い、「ワッ!!」と大声を出しました。
すると、またピタリと止まったのです。
今度こそビックリしてハトは逃げただろうと思いました。

その時、俺の視界の中で何かが動いたのです。
あの人影でした。何か動きが奇妙なんです。

まるで「ケンケン」でもするみたいに、ヒョコヒョコ歩いてるんですよ。
左にグラグラ、右にグラグラみたいな感じで、重心が定まってない様な動きでした。

俺は「何だ?酔っぱらいかなぁ~」と思い、目が合ったりしたらイヤだったので、すぐ窓を閉めました。
そして、窓から背を向けた直後「アッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッ!!!」と

窓のすぐ外であの音が聞こえたのです。女の笑い声の様に聞こえました。
流石に怖くなり、焦ったのですが、「明け方だった」というのが俺を強気にさせたんだと思います。

あれが深夜とかだったら、ベッドでブルブル震えてるだけだったでしょう。
思いきって「ガラッ」と窓を強く開けました。
誰もいませんでした。念のため、「おい!誰かいるのか!?うるせーぞ!!」と叫び、再び窓を閉めました。

そして、ベッドに戻ろうとしたその時、俺は凍り付きました。
ベッドに誰かいるのです。
真っ白なワンピースを着て、こちらに背を向けて座っている女が。

幻覚だ、と思いました。昼間、Aが仕返しに俺に怖い話をしたので、その思いが生み出した幻覚だと。
「電気をつけたら消えるだろう」とふと何の根拠もなく思った俺は、部屋の電気をつけました。

消えないのです。
蛍光灯に照らされたその女は、ソバージュがかった長髪の黒髪で、肩を震わせながらこちらに背を向けて、ベッドの上に
座っていました。
「部屋を出ないとヤバい」と思った俺は、玄関に向かおうとしたのですが、情けないことに腰が抜けたのか、足に力が入りません。

女の肩は、震え続けています。やがて、「ヒャッ、ヒャッ」とまるで「しゃっくり」の様な声を女は出し始めました。
俺は大声で叫ぼうとしたのですが、まったく声が出ませんでした。
ちゃんと呼吸が出来ていたのかさえ思い出せません。

やがて「しゃっくり」の様な声は
「アッアッアッアッアッ!!」とあの狂った笑い声に変わっていきました。
女が、ゆっくりとこちらに振り向こうとしています。
上体を不自然な形に曲げながら。「見たら死ぬ」。

直感でそう思ったのですが、瞼が閉じないのです。
「多分、俺の想像した通りの顔があるのだろう」と、不思議にも俺は冷静に考えていました。

恐怖なんてもう通り越していたのだと思います。
女の顔が、完全に俺の方を向きました。

血走った白目。
不自然なまでに大きく開いた口。
アゴは、人間の状態でいうならば完全に外れている様子でした。

「あぁ、だからこいつあんな変な笑い声しか出せないのか」と、自分でも意外なくらい冷静に感じました。
もう「殺される」と思ってましたから。

女は、肩を震わせながら「アッアッアッアッアッ!!」と狂った笑い声を上げつつ、俺の方に近づいて来ます。
体を左右にヒョコヒョコ揺らしながら。

そして、もうお互いの顔がくっつくすれすれの所まで近づいた女は、外れたアゴからヒューヒュー吐息を漏らしながら、ハッキリとこう言ったのです。

「わたしを作ってくれてありがとう」

ここからは後日談ですが、あれ以来あの女は俺の前に現れてないですし、霊障みたいな事も起こってません。
Aに話そうとしても、いつも話を濁されるというか反らされるみたいな感じで、もう話したくない様子でした。

Aも本当にあの女を見たのか、それとも作り話なのか、または俺の所だけに現れたのか、今となっては分かりません。
Aとは今でも友達です。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ