不思議なテレビ

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

私は小さいときに強烈に覚えていることがあります。
それはある冬の寒い日の私が小学3年の時のことです。
私は友達の家に遊びに行ってました。

そして家に帰ってきて机の上に手紙が置いてありましたそこには『友達に食事してくるから、机に置いてあるのチンして食べてください』と書いてありました、私は留守番が好きではなくさみしがりやだったので、気をごまかすためにテレビを見ました。

時間がたつうちに眠くなってしまいました。
ついには寝てしまいました。
そして起きたのか寝ているのか、よくわからないのですが、わたしはテレビを見ていましたそしてそのテレビのなかに私がうつっていました。

この時はまだどうゆうことか理解できませんでした。
そして数日後、前の不思議なテレビの内容を理解することが出来ました。

学校の帰りの出来事がこの前の不思議なテレビの内容と凄く似ていたので私は驚きました。
そして私は不思議なテレビの内容をもう一度思い出してみると、交差点で私は事故をおこしていました。

現実で私はその交差点の前に来て恐かったので違う道に行こうとしました。
そしたらその交差点で私が不思議なテレビで見た車が信号無視をして凄いスピードで走って行ったので私は驚きました。

私はふと思いました。
あの不思議なテレビは私の事故を防ぐために、未知のものが教えてくれたのかもしれません。
あなたも、もしこのような不思議なできごとがあったら注意するといいと思います。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ