樹海

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

私は樹海で一生忘れられない不思議な体験をしました
それは何年も前の夏、まだ私が短大生だった頃
同じ短大に通う友達4人で樹海に行った時の話しです
突然、友達が樹海にきもだめしに行こうと言い出し
私と他のみんなは面白そうだったので、軽い気持ちでOKし
それで、私たち4人は、車に乗って樹海に行くことになりました。そう、4人で。

樹海に着いた頃、辺りはすっかり暗くなってて、樹海に入るのをためらったけど
せっかく来たんで、私たちは車を道端に停めて、持ってきた懐中電灯を手に持ち
樹海の中へ入ることにしました。入ってみてビックリ、森の中が思った以上にゴツゴツしてて
なかなか前へ進めなかったんです。40m位進んだところでギブアップ
友達も、戻ろうと言い出し、みんなで戻ろうかと話をした時、突然、どこからともなく
お坊さんの御経を読む声が聞こえてきたのです・・・。
なんだか怖くなった私たちは、急いで
来た道を戻ろうとした時、今度は岩陰で首を吊ってる女の人を発見してしまい
もうみんなパニック状態になり、無我夢中で道路に走って出ました
やっとの思いで道路に着いた私たちは、すぐに警察に電話しました
それから警察を待つことになったのですが、一人いないことに気づいたんです。。。
樹海に行こうと言い出したM子がいないんです。。。M子はまだ樹海の中に。。。
そう思った私たちは、怖くて中に入れなかったので、大きな声でM子の名前を
叫んだのですが、M子からの返事はありませんでした
音が聞こえた場所から道路は(車が通るとき)かすかに見えたので
迷ったとは考えられず、怪我でもしたのかな?などと考えてるうちに
警察の人が来てくれて、事情を話して、とりあえず、私たちが
入ったルートを警察の人と行くことにしました
女の人の死体は見つかったのですが、M子がみつかりません。。。
それから警察の人がたくさん来てくれて、M子を一緒に探してくれました

しばらくすると、警察官の人が私に妙なことを質問してきました
「あれ、今行方不明なのは‘F本M子’さんだよね?」
そう質問された私は「そうです」と返事をしたら
ある免許証をみせられました。それは、まぎれもないM子のでした
M子が見つかった、そう私が思った瞬間、警察官が信じられない事を
口にしました

「この免許証、君たちが見つけた首を吊った女性の物なんだよね」

・・・ウソだ。。。私は信じられなかったので、亡くなった女の人を
友達と一緒に見てみることに・・・そしたらM子でした。。。
私たちは呆然となり、しばし無言の時が流れました
私たちは警察の人に、M子は同じ短大の生徒だと言ったのですが
信じてもらえず、結局、虚言として片付けられ、そのうえ説教まで
されて、家に帰らされました。
地元に着いた私たちは、早速、学校で撮った写真を見てみることにしました
そしたらどの写真にもM子の姿はありませんでした。。。
いつも一緒にいたはずなのに。。。手帳を見ても駄目で
他の友達に聞いても誰もM子を知る者はいませんでした。。。
あの記憶はなんだったんだろう・・・私たち3人は
もう、ただ途方にくれるしかありませんでした
しかし、どうしても納得いかなかった私たちは、それから一ヵ月後
免許証に記載してあったM子の実家に、行くことを決意しました

M子の家に着いた私たちは、そうそうとM子の家のチャイムを鳴らしました
するとM子の母親が出てきて、今までの事情を話し家の中に
入れてもらうことになりました
もう、M子のお葬式はすませてあり、灰になったM子がそこに居ました
それで母親と話しているうちに意外な事実がわかり、私たちは驚きました
幼い頃から幼稚園の先生になりたかったM子は、幼稚園の教諭資格が取れる
私たちが今通っている短大に、その年の春から入学が決定してたらしいのですが
家庭の事情で入学を断念せざるを得なくなり、しかたなく働くことになったM子は
不幸にも会社では上司にいじめられ、長年付き合っていた彼氏に突然の別れを突きつけられ
夢と心の支えを失い、M子は酷く落ち込み、自ら命を絶ってしまったそうです。。。
それを聞いた私たちは
ひょっとしたら、友達になっていたかもしれないM子の位牌を前に
私たちは悲しくなり涙が止まりませんでした。。。
幼稚園の先生になりたいというM子の思いが、私たちを樹海へと連れてきたのでしょうか
私たちはそう思いながら家路へと向かいました。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ