この先

既読ボタン
  • 既読 (1)
スポンサードリンク

友人に山岳部のやつがいるのだが、そいつが何処だか忘れたが結構有名な日本の山に部員とのぼった時、ちょうど山の中腹ぐらいで濃霧が立ち込めてきて他のメンバーとバラバラになったとかで、とりあえず目標の山小屋まで行こうとおもい登っていったらしい。

しかし、友人は何度もその山を登った事があるのに、完全に迷ってしまったとか。
そうこうしていると濃霧の向うから人影が2つ見えてきて、他の部員かと期待が高まったのだが、
全然関係ない一般客(伯母さん2人)で、どう見ても本格的な感じがしない伯母さん2人に尋ねるのもしゃくだと考えた友人はその伯母さん2人の脇を素通りしようとしたらしい。

その時、伯母さん2人が友人に
「この先は危ないから行っちゃダメだよ」っとだけ言って、また濃霧に消えていったそうです。

確かに濃霧で視界が悪いから闇雲に移動するのはよそうと考えた友人はそこでしばらく岩に腰をかけて休んでいました。
すると濃霧の向うから友人を呼ぶ部員達の声がして、やっと一安心したわけです。

それからなんとか山小屋にもつけて疲労困憊の友人はぐっすり眠ったらしい。
だがその晩ひどい雷雨がおとずれ深夜に友人は目がさめ、もう一度眠りにつこうとしたとき、誰かが枕もとに立っているような気がして一度閉じかけた目をもう一度開いた、そこには暗闇が広がり何も見えない。

っとここで雷がひかり暗闇から出てきたのは今日友人に警告したあの伯母さん2人。
一瞬だがはっきりと友人には伯母さん2人の顔やからだがぼろぼろだということや、手が不自然な方向に曲がっているということがわかったという。

それを見てから次の日の朝他の部員におこされるまで友人は意識がとび下山後、俺にこの話を打ち明けてくれた。
俺に打ち明け終わり、友人が一言。

「よく考えれば、”この先行っちゃダメだよ”っていわれたけど、伯母さん2人とも
”この先”から来たし、警告してから消えていった方向も同じだった。」と

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (1)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ