本当は…

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

昔見た夢なんですが。
自分が夜の道を歩いている。場所は湯河原とかの温泉街っぽい感じ。少し坂になった
アスファルトの道だった。気が付くと左横に一軒の旅館が見えた。修学旅行なんかで使いそうな
三四階建ての旅館、電気はきえてて中は真っ暗、なぜか自分はその旅館に近寄り中に入っていく。

深夜の病院のように緑色の非常灯がついてて奥のほうは見えない。横のあった従業員用みたいな
階段をなぜか上っていくと、上の階についた、そこでふっと気が付き「帰ろう」と思って階段を下りていくが、
なぜかおんなじ場所に戻ってきてしまう。出そんな私を浴衣をきた夫婦がじっとみている。

何度やってもでられずこまっていると、一人の老人が近寄ってきて、無言で私を導いてくれた。
すると始めにきた旅館の入り口に出られて、入り口のガラス扉が見えた。

私がその方向へ急いでいこうとすると、その老人が一言「あんた本当は死にたくないんだろう?」
そこで目がさめた。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ