竹林で

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

小学校の頃の話です。

行ってた小学校の側に竹林があって、そこには怪しい人が出るから行っちゃ駄目ですって言われてたのね。
俺は結局行かずじまいやったんやけど結構周りは行ってる人が多くてみんな

「変な小屋があって浮浪者が住んでる」とか
「小屋があって扉がどうしても開かない」とか

まあ要は木造の古い小屋が一つぽつんとあるって
みんな共通して言ってました。何時の間にかその小屋に行った

という事実は「勇気のある奴」のステータスみたいな感じになって
悪ガキ連中はみんな行こうとしてた記憶があるっす。

んである日、Oって奴とUって奴が二人で「行こう」って話になったらしいのね。
両方一応友達だったんだけど。
まあ行く奴はもうみんな行ってて、今更行くのは言わば遅れ馳せながらって感じやったんやけど。

放課後やったかなぁ?記憶あいまいでスマン。
とにかく放課後二人して行ったらしいです。
つーか行きました。
この辺は後で人づてに聞いた話と俺の想像。

とにかく小屋に向かった二人は、深い竹林の中を例の小屋捜して歩きます。
遠目には小さい竹林やったのに、ちょっと入ったらすごい暗かった記憶があります。
あれは不思議やった。

そんで二人、小屋は例のごとく発見したらしいです。
んですぐ入ってみようって話になったんやと。
木造の扉を開けて中に入ったんですが、先に入ったUが「うわ、やべ!」って思ったらしいです。

中で人が首吊って死んでたんやと。
そんでどうしよとか思ってたら、突然後から入ってきたOがすごい声で叫び出したらしいです。
「お母さん!!」って。叫び続けるOを置いてUはダッシュで逃げたらしいです。

そん時俺は学校のグラウンドでみんなとドッチボールか何かやってて、そこへUがダッシュでやって来たんすよ。
グラウンド越しに見える竹林の方角から。

めっちゃでかい声で「Oのおかんが死んでる!」って言いながら。
あん時は凍りました。
その日はすごい騒ぎになったと思いますがよく覚えてないっす。

とにかくOはその日から学校来なくなってそんで結局一度も顔出さないまま転校していきました。
ここまでは記憶の限りマジ話。多少の間違いはあると思うけど。
問題はここから。ありがちな話っす。「あの小屋に幽霊が出る」って話になるんすよ。

その自殺以来本当に行く奴はめっきり減って、みんな行きもしないのにキャーキャー言ってました。
まあ俺もそうか…。
当時物知りの方だった俺は首吊り死体がすさまじい状態になるって何かで知ってたので、それを詳しくみんなに話してました。
おもしろ半分に。

みんなまたそれを聞いて騒ぐわけですよ。
「首吊り女の霊が出る」って。そんである日、また別の友人Sに誘われたんすよ。
「お前、そんなに霊に詳しいんやったら見に行かん?」て。

俺はビビリだったんで速攻断ったんですが、後で話を聞かせてもらう約束はしました。
Sは結構仲間内でも悪い方で、奴なら本当に行くと思ったので。
そんで何人かで本当に放課後例の小屋を見に行ったらしいです。

次の日学校に行った頃には俺はもうそんな話すっかり忘れてたんですが、Sがその日すんげー暗かったのね。
いつも騒いでばかりの問題児が。
それで俺も昨日の事思い出して「本当に行ったの?」って聞いたんすよ。

そしたら「うん」ってそれだけ。
いつもなら自分から、がーって喋るはずのSがすごい大人しかったんで「これはマジで出たか!?」って思ってその日一日Sにべったり
くっついて根掘り葉掘り聞いてたんですよ。
「昨日小屋で何があったか」を。
ところが何聞いても教えてくれない。

「何か見たの?」には「うん」って言うけど「何を見たの?」は答えてくれない。
例えハッタリでも「すごい顔した女の幽霊見た」とか言うじゃないですか?
俺はもう「Sは本当に幽霊を見たんだ」って思って興奮して「どんな幽霊か、どんな感じしたのか」って結局放課後までずっと聞いてました。

そしたら遂にSが「誰にも言うなよ、そんであそこには絶対行くな」って言い出しまして。
そん時俺がどんなに嬉しかったかはわかると思います。Sが言ったのは一言だけです。
「扉開けたら中にすげー声で叫んでるOがいた」って。オチらしいオチはありません。

Sはその後二度とその話はしてくれないし、俺もおもしろ半分で人に怖い話をする事は減りました。
小屋のあった竹林は潰されて今は筆ペンを作る工場が建ってます。
転校していったOがその後どうしてるかは誰も知らないし、俺は一回だけ見せてもらったOの妹の顔を時々思い出すだけです。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ