お盆・渡し舟

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

これは昨年のお盆に茨城県に出掛けた時の実話です。

夜も更け深夜になった頃、私は宿泊先に車で戻ろうと運転してて道を間違えてしまったのです。

当然、戻ろうと思いUターンをしたのです。

竹藪T  T家
―ー    ―
     公園
ーー    ―ー 川
塀 T   T

図が汚くて大変申し訳ないですが図の上の方へ進行して行き左へケツを入れ下方向へUターンしたかったのです。

Uターンしてる途中に運転席は塀と隣り合わせです。
その長く続く高い塀の角に……
坊主頭のお爺さんが、こちらを、にらみつけながら
『そっちじゃ、ねーよ!』
と言われたのです。

私は一瞬ムッときて言い返そうと思いすぐに振り向いたら誰も居ませんげっそり

高く長く続く塀ですから隠れる場所も暇もありません。
車を降りて辺りを確認したのですが、やはり誰も居ませんげっそり

私は全身血がひき一目散に宿泊先に戻って行きました!!

後から地元の人に聞いた話なのですが、そこは昔、渡し舟があり、戦時中には大量の人が死んでいったみたいです。
刑場だったという噂も更に聞きました。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ