憑依

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

これは僕が小学6年の時の夏に伊豆に旅行に行ったときに起きた話です(ノンフィクション)。

今でも鮮明に覚えています。

夏、海に旅行に行きました。

朝に家をでて、海で一日遊んでから旅館に一泊泊まることになっていました。

家族で海で遊び、疲れ果てたところで旅館に行きました。

どうも僕らが泊まった旅館は安かったらしく、確かにボロい旅館でした。

海で遊んだため、夕食を食べる前に風呂に入ることにしました。

浴場は小さく、なにやら変な虫まで出てきました。

うわぁ、ボロいし薄気味悪いなぁと感じていたのはみんな同じでした。

そして夕食が部屋に来る前に、疲れ果てていた僕と兄と弟は寝てしまったようです。

起きるとすでに夕食は部屋にあり、みんなで食べることにしました。

夕食を食べている途中、母が「あんたさっき泣いていたの覚えてる?」と聞くのです。

「はぁ?何が?」と聞き返すと、「あんたとわたる(弟・仮名)さっき泣いてたわよ。急にあんたが「寂しいよぉ」って言い続けてたじゃない。わたるもそれに続いて「死にたくない」って何度も言ってたわよ」と言うのです。僕には全く記憶にありません…。もちろん弟もです。

「やめろよ、変なこと言うの…」床言い夕食に集中しました。

そして疲れも残っていたので、寝ることにしました。

寝ていると気分が良くないので起きてしまいました。

ふと時間が気になり、母の腕時計を見に机に向かいました。

すると母がすごい形相で「今…何時?」と明らかに母の声ではない声で聞くのです。

僕は腕時計をみて恐る恐る「3時だよ…」と答えました。丑三つ時だった…。

そして寝ようとしたとき見てはならないものを見てしまった。

黒い影のようなものが母の体から離れていく……。

あぁ見てしまったと思っていたらいつの間にか寝ていた。

次の日特に問題もなく、家に帰りました。

後日、記念写真が出来上がったのをみると、写真にはおびただしい数のオーブと呼ばれるものが写っていたのです。

やはりあそこは何かあったのかと思いました。

現在は何事もなく暮らしています。

あの時の出来事はいったいなんだったのでしょうか………。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ