覚えてない

既読ボタン
  • 既読 (0)
スポンサードリンク

今からちょうど10年前、僕がハタチの時の話です。
ストレートに霊が出てくる話ではないので別に怖くはない、不思議な話ですが。(僕、霊感無いのでこんなんばっかし…)

昔からの友人に最近良く言われるんですが、ハタチの頃、僕が明らかにおかしい時期があった、そうです。
しかも僕はあんまり覚えてなかったりする。

ハタチの頃と言えば大阪から実家に戻り、三交代の仕事で不規則な生活を送りつつも遊び倒してた時期。
ちなみに以前「ボロアパート」というタイトルで体験談を書きましたが、その次の年です。

で、当時、DJとかしつつクラブ遊びに夢中で、友人達とナンパに精を出してたんですが連戦連敗の完全負け組で。

そんな中やっとストライクど真ん中の子とイイ感じになり、なんとか口説き落とそうと頑張っておりました。

以下、その子をA子としておきましょう。

A子は親と仲が悪かったらしく家にいるのがとにかく嫌で、毎夜のごとく家を抜け出しては友達と遊んでるような子で。
男遊びもかなり激しかったらしく僕もそのうちの一人やったようでございます。
A子と知り合ったのは夏真っ盛りだったのもあり、二人で良く心霊スポット巡りをしてました。
色々回りましたがそのひとつに当時地元でもっとも恐れられていた廃病院があり、今思えばそこに行ったあたりからおかしくなったのではないかと。

その病院は伝染病だかなんだかの隔離病院?だったらしく、敷地内に火葬場みたいなのがあり、木造二階建てで二階がとにかくヤバいとゆう話で。
その病院に行くと1ヶ月以内に事故るとゆーありがちな噂付き。

畑の真ん中のこんもりした林とゆうか、木々の塊のような所からニューッと煙突がだけが突き出ており、まるで木々で隠されてるかのよーな怪しい所でした。

で、僕らはライターの灯りを頼りにズカズカと入り込み、ガッツリ見学しました。 昭和初期のカルテやら年代モノな器具やらがイイ雰囲気を出してましたが、廊下の壁がヤンキーの落書きだらけでちょっとガックリ。
一通り見て、やっぱ二階行かなあかんやろうと、嫌がるA子の手を引いて階段を上りました。

折り返しの階段で中間に踊り場。
踊り場までは落書きだらけなんですがそこから上は急に落書きが無くなり、明らかに別モノな空気。
さすがにちょっとビビッたけど、結局たいしたことは無く、二階も一通り見て満足した僕らは帰りました。

その後も色々と心霊スポットを巡ったのですが、ある日A子が「Kダムがヤバいらしいよー」と言い出しまたまた二人で行くことに。
ダムに着き、A子に案内されるがままにダムのせき止めてある所?水門?の上まで連れて行かれました。
手すりから下を覗き込むと壁面が急な坂のようになっていて、水面までかなりの高さがありました。
そこを二人で見下ろしながらA子がおもむろに「先週、〇ちゃん(僕)と同い年で同じ名字の人がここで自殺したらしいよー。落ちた時にこの坂みたいなとこで擦れて、跡が残ってるんだってー」と言い出しました。
僕はめちゃくちゃ怖くなってその日はその後即帰宅。

それから数週間だと思います。
僕がおかしかったのは。

男友達と二人でドライブしてて、何も言わずにいきなりそのダムに連れて行き「こないだここでオレと同じ名字のやつが…」と言い出したり(自分の記憶にナシ)、いきなりキレてモノを破壊したり(記憶にナシ)、友達とドライブに行ったら3キロぐらいの間に5匹も動物の死体を見たり……
血尿は出るわ寝れないわ頭痛いわで病院行ったけど原因不明やったり。

で、きわめつけ。
A子とはしばらく会って無かったんですが、久しぶりに二人で遊ぶことになりドライブ。
夜中の三時、めったに車も通らないような海岸線の田舎道で、飲酒運転の車が突っ込んできて車は廃車。

二人ともケガは無かったのですがそれからA子とはフェイドアウト。

「親に連れられてお祓いしてもらってきたよ。〇ちゃん(僕)も行ってきなよー」
と言う電話を最後に連絡も取らなくなりました。
一年程経って久しぶりにA子の家に電話したらお母さんが出て「A子?あの子はもうおらん」とゆう良くわからん回答。

A子と仲の良かった奴らに聞いたら、ずいぶん前に家出してそこから音信不通らしいとのこと。

やっぱしなんかおかしかったのかな、あの頃。
と思う今日この頃。

スポンサードリンク
既読ボタン
  • 既読 (0)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ